満鮮日報 影印シリーズ全8冊 発売中

https://www.ato-shoten.co.jp/public/images/1a/19/4f/25142ea2809e605051b7c930605b2760.jpg?1507269022#w
 
「満鮮日報 影印シリーズ 全8冊」 出版しました!  


 満鮮日報の特徴
 
 満洲国で創刊され終戦近くまで続いた朝鮮語日刊紙。
 
 朝鮮半島で活躍した言論人・文筆家を招き、
 満洲国だけでなく中国、朝鮮半島情勢をも伝え、
 政治、社会、経済、文化を一望。
 
 充実した文芸欄、音楽や演劇などの娯楽情報、
 豊富な広告など多彩な紙面を構成。



『満鮮日報』の価値について―

 1. 国内で活動した有名言論人と文筆家が参加し作った新聞であるということ。
   満州事変以後、韓国国内の抗日言論が沈黙を強要された時期に満州の
   『満鮮日報』は韓国語で言論と文学活動を広げることができる媒体であった。

 2
. 『満鮮日報』の記事取り扱い範囲と普及地域が満州だけでなく韓半島と中国
   にまで伸びていた事、当時の韓国人の歴史と在満韓国人の生活と文化を理解
   するのに貴重な資料。

 3. 1940年8月『東亜日報』と『朝鮮日報』が廃刊された後、ソウルの
   『毎日新報』と共に、解放まで持続的に発行された新聞として、
   1937年から1942年までの5年間(35か月間)の記事が伝わり、政治、社会、
   経済、文化など多方面からの接近が可能。

 4. 文学に限定してその価値をいうならば、『満鮮日報』には少なからず
   文学・芸能記事がのせられたところ。
   まだこれに対する基礎的な分析もなされていない実情だ。
   ヨム・サンソプ(廉想涉)、パク・バルヤン(朴八陽)、アン・スギル(安寿吉)
   など著名文人がこの新聞の紙面に作品を発表し、解放後韓半島に戻って
   文筆活動をしたので、この新聞に発表された作品が以後の文学にどんな
   影響を及ぼしたのか、巨視的で微視的な研究を進めるのに緊要。

   (解題 李福奎 西京大学教授)
 
  ( ※詳細を記したカラーチラシあります。ご希望の方はこちらからお問い合わせください)

  
https://www.ato-shoten.co.jp/public/images/80/83/11/e4dfa09bcf5c910fdb280f32b76d1de4.jpg?1510541927#h   https://www.ato-shoten.co.jp/public/images/bb/af/05/161fe02f3cfe4d0acaab49c5732adc02.jpg?1510541933#h  https://www.ato-shoten.co.jp/public/images/79/93/3d/dc506c97be16775f5faa60e0af4f8920.jpg?1510541939#h   https://www.ato-shoten.co.jp/public/images/3b/f1/b3/49743e5345e9cb0418ca21f68e758bb3.jpg?1510541944#h

  写真をクリックすると拡大できます。



    https://www.ato-shoten.co.jp/public/images/1d/0a/3f/988af587b8ec80f63a852b16d410a22c.jpg?1510290784#w


    https://www.ato-shoten.co.jp/public/images/25/3b/f1/4a1cf3ef33b2168f18eb7b1ee39b53bd.jpg?1510535491#w


  韓国雑誌のご案内 2018年
     https://www.ato-shoten.co.jp/public/images/cd/b1/88/9dcac1942a56bd61fd7816a28823ae7a.jpg?1510291573#w 


  • パンダ切手

  • カズオ・イシグロ

  • 知日

  • Yahoo

  • 楽天
  • Click for company profile

    亜東書店オンラインストアでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、ジオトラスト日本のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。