10355921 脂硯斎重評石頭記甲戌本 全1函4冊

脂硯斎重評石頭記甲戌本  全1函4冊
( 库存  200 ) 近刊/未入荷
在庫の状況によってご注文の流れが異なります。

検索キーワード

商品の詳細情報

《脂砚斋重评石头记甲戌本》是《石头记》十三种早期抄本之一,全书于各册首回首页首行题名《脂砚斋重评石头记》。1927年夏由胡适从上海地摊上购得,因第一回楔子部分有“至脂砚斋甲戌抄阅再评,仍用石头记”一语,故名“甲戌本”。据红学家们考证,甲戌即乾隆十九年(1754年)。此本因曾由清末藏书家大兴刘铨福收藏过,上有他在同治二年(1863年),同治七年(1868年)所作跋语等,后归孙桐生所有。每半页十二行,行十八字。残阙严重。书口下部每页都有脂砚斋的署名。胡适认为甲戌本是世间最古的本子,红学家们普遍认为甲戌本所据的
ローディング中です...

  • 知日

  • Yahoo!ポイントがたまる。

  • 楽天ポイントがたまる。
  • 亜東書店オンラインストアでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、ジオトラスト日本のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。