10360761 金元之際儒学的伝承及思想特点:以東平府学和東平学派為中心

金元之際儒学的伝承及思想特点:以東平府学和東平学派為中心
  • 金元之际儒学的传承及思想特点:以东平府学和东平学派为中心
  • 常大群著
  • 社会科学文献出版社
  • 2020年02月
  • ISBN:9787520109390
  • 5,929円
  • 予価 5,929円 (10%税込)
( 库存  200 ) 近刊/未入荷
在庫の状況によってご注文の流れが異なります。

検索キーワード

商品の詳細情報

本书主要讨论金末元初金朝统治陷于崩溃、蒙古人建立统治的1220-1300年这段历史时期东平府学和东平学派的情况,对东平府学兴复与发展的背景、过程和原因,府学师生及其学术渊源,东平学派的学术特点逐一进行了探讨,从而理清金末元初理学发展的脉络,揭示儒学学术思想在这个时期的发展特点。该成果资料较为丰富,在吸收前人研究成果基础上多有新见,具有较大的学术价值。
ローディング中です...

  • 知日

  • Yahoo!ポイントがたまる。

  • 楽天ポイントがたまる。
  • 亜東書店オンラインストアでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、ジオトラスト日本のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。